留学の持ち物
2017.06.22

勉強中アメリカやイギリスに比べれば日本から近いとはいえ、そこは外国。国内で過ごすのと同じという訳にはいきません。では、フィリピン留学の持ち物としては、何が必要でしょう?
まずパスポート。これは必須ですし、「何を当たり前のことを」とお思いのあなたも、有効期限がフィリピンから出国する日まであるかどうか、確認をお忘れなく。万一無くした時、盗まれた時の対策として、コピーを別に持っておくのも重要です。
それから帰国用の飛行機のチケット。日本に戻る、もしくはフィリピンから別の国へ出国するチケットがないと、入国が認められず、最悪強制送還されます。航空会社によっては出国便のチケットがなければ搭乗を拒否されることもありますので、必ず航空チケットは往復で買いましょう。格安航空券ならばネットで予約することが多いでしょうから、その場合は予約表や旅程表などを必ずプリントアウトして手荷物の中に入れておきましょう。短期とはいえ国外に滞在するわけですから、海外保険には加入しておきましょう。その際証券も必ず持って行きましょう。
フィリピンは、日本と比較にならないほど治安の悪い地域もあります。フィリピン留学で必要なお金をすべて現金で持って行くのではなく、インターナショナルカードを使ってこまめに引き出すか、クレジットカードのキャッシング機能を使う事をお勧めします。カードならば万一盗まれたりスキニングされて不正利用されたりしても、保険で補てんができます。
電子辞書もあれば便利ですね。バックライト付きで、Wi-Fiなしでも使えるものにしましょう。スマホでも代用できますが、ノートパソコンも持って言った方が良いかもしれません。メールやスカイプはもちろん、長期留学でホームシックに陥った時、ネットで日本のドラマやアニメを観れば癒されますよ。ノートパソコンではなく、タブレットを持っていくのもアリです。
他にはこまごまとしたものになるのですが、日本では当たり前にあり、無料で簡単に入手できる物でも、海外では貴重なものもあります。それがポケットティッシュ。フィリピンの公衆トイレにはペーパーがないことが多いですから、多めに持っていく事をお勧めします。また文房具も、質量ともに日本製が優れています。これは筆者が留学したフランスでもそうでした。
コンタクト用品や常備薬なども、日本で使い慣れたものを持って言った方がよいでしょう。これも筆者の経験から言えば、薬がわりに日本食、フリーズドライのおみそ汁や普段食べているチョコなどのお菓子を持っていく事をお勧めします。

▲ ページトップへ