フィリピン留学のメリット
2017.06.22

二人の女性フィリピン留学のメリットとは、なんでしょうか?フィリピンに留学を希望する人のほとんどは、英語を実地で学びたいという人たちでしょう。その点から考えると、次のようなものがメリットとしては挙げられます。
1、英語を話す人が多い。2、他の英語圏の国に留学するよりも費用が安い。3、マンツーマンレッスンが多い。4、日本から近い。5、ビザの手続きが簡単、等など。フィリピンは7,000以上の島からなる群島国家で、タガログ語やセブアノ語など、島ごと地域ごとに異なる言語が使わる多民族国家です。その為、共通語としてまず旧宗主国の言語であるスペイン語。その後スペインとの戦争に勝ったアメリカの言語である英語が共通語として使われるようになりました。
現在フィリピンの公用語は英語であり、小学校から大学まで授業は英語で行われます。つまり生活に英語が密着しており、英語を話す人が東アジアのどの国よりも多いと言う訳です。また、フィリピンに留学すれば、留学費用は他の英語圏の国よりも安く済みます。例えば、かつては日本人が英語を学ぶ場合一番に留学先にあげていたアメリカと比較してみましょう。
期間は4週間、約1カ月の短期語学留学をする場合。アメリカならば都市にもよりますが、学費と寮費で平均2,200ドルはかかります。これに対してフィリピンの平均は1,500ドルです。学費と寮費だけを比較しても、フィリピンの方が3割安いわけです。さらに渡航費を考えれば、アメリカよりもフィリピンの方が近いですからチケット代もその分安くなります。そしてビザ代や現地での生活費なども含めれば、その差はさらに広がるでしょう。
さらに例をあげれば、アメリカとフィリピンでは1日の授業時間数が違います。アメリカの1日の授業コマ数は、平均5コマ。フィリピンは平均8コマ。9コマという語学学校もあります。4週間の短期留学で週5日授業を受けたとしたら、アメリカの場合は100コマ、フィリピンなら180コマになります。これを留学費用の平均で割ると、どうでしょう?アメリカの1コマあたりの費用は22ドル。フィリピンなら1コマあたり8ドルになります。どちらがお得かは、解りますよね?
現代の日本人の多くは、中学高校で6年間も英語を学んでいるにもかかわらず、英語をほとんど話せません。それは、会話の練習量が圧倒的に足りないからです。フィリピン留学の学校ではマンツーマンレッスンを重視していますから、会話の練習が沢山出来るのも大きなメリットです。

▲ ページトップへ